【群馬県】②旧家・古民家の定義とは? | 設計士|伝統工法|免振
木耐協
見学会のご予約はこちら
専門家コラム
【群馬県】②旧家・古民家の定義とは?

どのような家が旧家・古民家なのかの明確な定義はありませんが、昭和初期以前に建てられた日本の伝統工法を使っている家を旧家・古民家と呼ぶことが多いです。

旧家・古民家は見た目に情緒があり最近、群馬や北関東でもブームがきています。

その一方で、多くの旧家・古民家は暗くて寒いというデメリットも持っています。

外見上、情緒があって、現状のままでは住めない旧家・古民家が大半です。

長年、空き家にしていて劣化が進んでいる、家の傾きがみられる、耐震強度に不安があるケースが不安という方も少なからずいます。

旧家・古民家をリフォーム・リノベーションして、快適に住める状態にするには旧家・古民家のプロに相談することをオススメします。

旧家・古民家の残せる古材を活用しながら、リフォーム・リノベーションすることによって、新築のような住みごごちは可能です。

旧家・古民家リノベーション専門家コラム③へ >>

来場・来店予約でオリジナルBOXティッシュプレゼント
モデルハウス見学・来場予約はこちらショールーム来店予約はこちらお電話でのお問い合わせ
Copyright (c)Takezawa kenzai kogyo Co.,Ltd. All rights reserved 2003-2018
モデルハウス見学会予約
資料請求はコチラ
トップへ戻る