【群馬県】①旧家・古民家をリフォーム・リノベーションする時に知っておきたいポイント | 設計士|伝統工法|免振
木耐協
見学会のご予約はこちら
専門家コラム
【群馬県】①旧家・古民家をリフォーム・リノベーションする時に知っておきたいポイント

親から相続した旧家・古民家を空き家のままにするのは、もったいないのでどうしよう。

しかし、趣のある雰囲気のある旧家・古民家に住んだみたいというおもいがある方も最近増えてきています。昔の家は使い勝手が良くなかったり、断熱効率が悪かったりと、自分たちが快適に住むのには難しそうとお考えの方も多いのではないでしょうか。

そのような場合は取り壊さずに、リフォーム・リノベーションをして引き続き住めるような選択を検討してみてはいかがでしょうか?

【群馬県】②旧家・古民家の定義とは?

どのような家が旧家・古民家なのかの明確な定義はありませんが、昭和初期以前に建てられた日本の伝統工法を使っている家を旧家・古民家と呼ぶことが多いです。

旧家・古民家は見た目に情緒があり最近、群馬や北関東でもブームがきています。

その一方で、多くの旧家・古民家は暗くて寒いというデメリットも持っています。

外見上、情緒があって、現状のままでは住めない旧家・古民家が大半です。

長年、空き家にしていて劣化が進んでいる、家の傾きがみられる、耐震強度に不安があるケースが不安という方も少なからずいます。

旧家・古民家をリフォーム・リノベーションして、快適に住める状態にするには旧家・古民家のプロに相談することをオススメします。

旧家・古民家の残せる古材を活用しながら、リフォーム・リノベーションすることによって、新築のような住みごごちは可能です。

【群馬県】③旧家・古民家のリフォームのメリット・デメリット

旧家・古民家は現代ではなかなか手に入りにくい強度の高い材料を使用しているため、リノベーションをする際に補強をすることはあまりありません。

良い素材を活かせるので、大切な資源を守ることにつながります。

また、旧家・古民家をリフォームすると、固定資産税が軽減できることも大きな特徴です。

固定資産税は築年数によって税金の額が決まるため、築年数が長い旧家・古民家は新築のものよりも安く済むのです。

新築にはないデザインが実現できるのも、旧家・古民家をリノベーションする人気の理由です。

 

 

 

最後に、古民家リノベーションの進め方についてお話ししていきたいと思います。

 

まずは、①古民家リフォーム、リノベーションについて積極的に取り組んでいる

工務店、建築会社に頼むことをオススメします。

特に、古い木材を使っている古民家の場合、

地元の気候にも詳しい会社なら、湿気が多い・乾燥しやすいといった土地の環境に合わせて

最適な提案をしてもらえます。また、今後のアフターメンテナンスについても

地元の会社を選ばれる事をお勧めします。

また古民家は、通常のリフォームに比べて熟練の匠の技術が必要になります。

過去の施工に物件を教えてもらったり

慣れているスタッフなら基本的に耐震・断熱・湿気・シロアリの対策も行ってくれます。

 

ココリノベでは、

築100年を超える古民家、旧家などの施工実績もある

群馬県のリノベーション専門店になります。

 

古民家をリフォーム、リノベーションしたい。

古民家風のリフォームに憧れがあるといった方は、

弊社、専門スタッフに無料で相談できますので

ぜひ、お電話・メールをお待ちしております。

 

>>
来場・来店予約でオリジナルBOXティッシュプレゼント
モデルハウス見学・来場予約はこちらショールーム来店予約はこちらお電話でのお問い合わせ
Copyright (c)Takezawa kenzai kogyo Co.,Ltd. All rights reserved 2003-2018
モデルハウス
モデルハウス来場予約
トップへ戻る